MENU

deeper3dの口コミ効果まとめ

まずは、deeper3dの口コミをチェック!

30代 会社員
今まで大正製薬から発売されているリアップを使っていたが、効果がないのでいろいろ検討していたところ、deeper3dに行き着いた。
配合されているキャピキシルと呼ばれる成分がミノキシジルの3倍の効果があるということに惹かれました。
だんだんと髪の毛に変化が出てきました。
あのままリアップを使っていたらどうなっていたことか・・・。


 

40代 役員
使った後の浸透性やコシのある毛髪というのが感じられるので、
deeper3dを使って良かったです。


 

40代 会社員
育毛剤をいろいろ調べていて、評価の高さが群を抜いて高かったので、
いつか購入したいなと思っていました。
使った感想としては高いだけの価値はあったなと。
目に見えた実感をするのはこのdeeper3dが初めてかもしれません。


 

30代 自営業
1本当たりの単価が高いのでどうしようかすごい迷いました。
60mlで1万3000円ぐらいしてしまうので、それだったらもう少し安い育毛剤を2本ぐらい買った方が良いかなと思い、買うのに躊躇していましたが思い切ってまとめ買いで3本セットで買ってみました。
さすがにミノキシジルに匹敵するパワーがあるというだけのことはありますね!


 

50代 会社員
高いお金出した甲斐がありました。
効果がだんだん出てきているので、さらに継続したいところですが、もうすぐ3本使い切ってしまいそうです。
せめてもう少し値段が安ければいいのになという感じです。


 

良い点

  • とにかく他の育毛剤よりも目に見えた効果を感じられる。
  • 「効果があった」と言っている人でdeeper3dを使っている人が多い。
  • 悪い口コミがほとんどない。
  • キャピキシルが他にはない効果を与えてくれる。
  • アミノ酸系のシャンプーも販売されているので、併用できるのが良い。
  • 販売実績が長いので、それだけ売れているということも言えそう。

 

悪い点

  • 高いので、もう少し安くなれば嬉しい。
  • 1本あたり60mlは少なすぎる。
  • スポイトタイプで使用するのが面倒くさい。
  • 液ダレの心配があるので、不便さを感じる。

 

口コミ総評

ご覧のように効果については肯定的な意見が多いのですが、
何よりも高いというところにネックを感じている方が多いようですね。
1本あたりの価格がもう少し安くなれば、さらに人気がでそうな育毛剤です。

 

1本あたりで換算すると非常に高いのですが、
まとめ売りを行っているので多少安く購入することができます。

 

最大9ヶ月分のセット販売があるので、それであれば1本当りの単価も大幅に安くなって、
30%OFFで購入することができます。

 

効果が本当にあるかどうかわからないうちに、9ヶ月分を購入するのは抵抗があると思いますが、
少しでも効果を感じ取ることができたり、値段を安くしたいのであれば
このような購入方法も視野に入れてみても良いかもしれませんね。

deeper3dの特徴について

deeper3dは独自性を兼ね備えた魅力的な育毛剤です。
一番の魅力は成分の多さと他にはない成分を配合していること!

 

育毛剤にありがちなセンブリエキスや人参エキスではなくて、
キャピキシルやプラセンタエキス、ヒトオリゴペプチド−5などが配合されています。
他の育毛剤で、なかなか入っていない成分が配合されているところが嬉しいですね。

 

最大の魅力はキャピキシルです。

 

あまり聞きなれない成分ですが、カナダで開発された成長因子と
植物エキスをミックスさせたものです。
成分としては、イソフラボンやアミノ酸で構成された成分となっています。

 

このキャピキシルというのは、他の育毛剤でも簡単に改造できるものではなくて、
カナダの製造メーカーがオリジナルで製造しており、他では手に入らないという希少価値があるため、
それに応じて価格が高くなってしまうということがあります。

 

逆にいうと、自信があるからこそ高い価格設定とも言えますね。

 

そして全体的に成分の多くが成長因子(プラセンタエキス、ヒトオリゴペプチド-5、オクタペプチド-2など)ばかりなので、
髪の毛の成長を促すものが多いということが挙げられます。

 

他の育毛剤のように頭皮の状態をきれいにしたり、嫌な臭いがしないように工夫したりなど
本来の育毛剤の役割から離れてしまったところに重きを置いているのではなく、
育毛や発毛ということろを一番意識した育毛剤がこのdeeper3dの魅力といえます。


deeper3dの副作用

deeper3dの高い育毛効果は多くのメディアでも取り上げられています。

 

また、成長因子の一つとして使用している馬プラセンタは
一般的な育毛剤に使われている豚プラセンタの300倍ほどミネラル分が多く含まれていて、
プラセンタの中では人プラセンタに次いで希少価値が高い
とされています。

 

また有効成分「キャピシル」には医薬品として使われている
ミノキシジルとフィナステリドと同様の効果がある
ことが報告されています。

 

キャピシルと同様の効果があるミノキシジルとフィナステリド

 

フィナステリド

フィナステリドには男性型脱毛症を引き起こすとされる5α-リダクターゼという酵素の働きを
阻害する作用があるのですが、副作用として男性機能が低下するという症状が報告されています。

 

ミノキシジル

一方でミノキシジルは強力な血管拡張作用を持ち、それによって皮膚がかゆくなる、
発疹が出る、稀に偏頭痛に良く似た発作を引き起こすという副作用があることが知られています。

 

しかしキャピシルにはこうした副作用の事例が今のところ報告されていません。

 

医薬品並の効果がありながら、副作用が少ないという事も
deeper3dが多くの人から支持されている理由の一つと言えるでしょう。

 

どうしてdeeper3dには副作用が少ないの?

それは配合されている成長因子は本来人の体内で合成されている成分であり、
使用されている馬プラセンタも人プラセンタと非常に良く似た構造をしているからです。

更にキャピシルに含まれているアカツメクサ花エキスやモンゴロイド
三大伝承成分として配合されているイラクサの葉と根、ユッカ根(サボテンの一種)、
シーバックソーン(モンゴル高原に自生している植物)も
ハーブや伝統的な薬草として古くから民間医療や伝承医療で使われてる成分を抽出しているからなのです。

 

もし、deeper3dに欠点があるとしたらそれは他の育毛剤と比べると値段が高い!という点でしょうか?
しかし、自分に合う育毛剤を探すために色々な製品を渡り歩くよりは
最初からdeeper3dにしておいた方が結果的にはコスト安に繋がる可能性が高い
と言えます。


deeper3dとは?

日本では薄毛治療の治療薬が厚生労働省の許認可を受けたことをきっかけに
皮膚科で薄毛治療を行なうケースが増えてきました。

 

しかし現在医薬品として許認可されている薄毛の治療薬は主に男性型脱毛症の治療に用いる「フィナステリド」という成分が配合された飲み薬プロペシアと、「ミノキシジル」という成分が配合された外用薬のみです。

 

それ以外の育毛剤は従来通り頭皮付近の血行を良くするための有効成分が含まれている
薬用(医薬部外品)の育毛剤になります。

 

ミノキシジルを始めとして従来の育毛剤は、確かに様々な生薬エキスや頭皮の衛生状態を
良好に保つための有効成分が配合されていますが、効果の個人差は大きく、
同じ育毛剤を継続して使う人よりも、自分に適した育毛剤を選ぶために
様々な育毛剤を試さなければならないケースが多いのが現実です。

 

今回紹介する「deeper3d」はユーザーアンケートの結果、継続の意思があると答えた方の割合は
6ヶ月継続時点で75.4%、12ヶ月継続時点では93.3%もの方が「はい」と答えています。

 

また「deeper3d」の満足度調査でも6ヶ月継続時点で65.3%、12ヶ月継続時点では90.3%と
いずれの場合も使い続けたユーザーの方が満足度が高いという結果でした。

 

薄毛・抜け毛は一朝一夕で解消出来るものではありません。
自分にあった育毛剤を使い続ける事が重要なのです。

 

「deeper3d」はこのアンケート結果が物語るように継続するほどに効果を発揮し、
他の育毛剤に比べて個人差が小さいという点で、
これまでの育毛剤の常識を覆す画期的な育毛剤
として注目を集めているのです。

 

薄毛・抜け毛は男性にとって最も強いコンプレックスの一つです。
薄毛をからかわれるのが嫌で引きこもりがちになるなど性格が内向的になりがちです。

 

しかし12ヶ月間「deeper3d」を使った人の91%もの人が効果を実感し、
「自分に自信が持てた」「彼女が出来た」「人目が気にならなくなった」
「家族と明るく話しができるようになった」というポジティブな意見を寄せています。


更新履歴