MENU

ミノキシジルとプロペシアの違い

男性型脱毛症の治療薬として現在厚生労働省に認められている薬には「ミノキシジル」と「プロペシア」があります。

 

この二つの薬の最も大きな違いは

  • ミノキシジルが外用薬
  • プロペシアは内服薬

ということになります。

 

欧米では男性型脱毛症の治療薬としては最もポピュラーな組み合わせになりますが、
日本ではミノキシジル成分の高い外用薬は流通しておらず、
大正製薬が製造している「リアップ」と呼ばれる育毛剤に配合されているだけとなります。

 

「リアップ」は薬局やドラッグストアで処方箋無しでも購入可能です。


一方で「プロペシア」は医師が処方し、処方箋に基づいて調剤薬局で購入する薬ですから、
リアップほど簡単に入手する事は出来ません。


薬の効能としての違いは「ミノキシジル」は頭皮に塗布することで頭皮付近の血行を促進し、
発毛サイクルに必要な酸素と栄養素の運搬能力を向上させ、毛母細胞を健康な状態にすることが目的ですが、
「プロペシア」に含まれている「フィナステリド」という成分は
男性型脱毛症の原因物質(ジヒドロテストステロン)の生成を邪魔して、
新たな発症を抑制するのが目的の薬となります。

 

したがって「ミノキシジル」は男性型脱毛症以外にも
びまん性脱毛症や円形脱毛症などにも効果があるとされていますが、
「プロペシア」は男性型脱毛症以外の脱毛症には効果がありません。

 

男性型脱毛症は40代以降の男性に多く見られる症状で、
脱毛症で皮膚科を受診する患者の95%以上を占めています。

 

これは男性型脱毛症の発症には男性ホルモン(テストステロン)が深く関与しているためです。

 

近年では女性でも男性型脱毛症の患者数が増加傾向にあり、
女性が男性型脱毛症を発症した場合には女性男性型脱毛症という病名になります。

 

このときは女性であっても「プロペシア」が処方されることになります。

関連ページ

キャピキシルは効果なし?
注目の成分キャピキシルの効果についてお伝えいたします。
ミノキシジルはもう古い?育毛剤で新たな成分が登場!
ミノキシジルの3倍の育毛効果があるとされているのが、キャピキシルです。しかも副作用が無いというのですから驚きです。
ミノキシジルの副作用に要注意!
ミノキシジルはAGAに効果がある薬として使用されているわけですが、効果の高さゆえ副作用も色々とあると言われています。
AGA遺伝子検査で自分のAGAリスクを知ろう
早期発見と早期の治療開始がAGA予防と治療のカギです。そのためには薄毛症状が発生する前から自分がAGA予備軍であるかどうかを知っておくことが大切です。
育毛シャンプーで薄毛は解消できるの?
育毛商品はいろいろありますけど、シャンプーで育毛ができるんでしょうか?
薄毛サプリは効かない?!
薄毛のための医薬品やサプリメントがたくさんありますが、本当に効果が期待できるのでしょうか?
プロペシアのジェネリックが発売!
プロペシアのジェネリック薬品が発売になり、話題になっています。価格も安くなればいいですね。
育毛剤の使い方には注意が必要!
育毛剤を安全に効果的に使うための注意点を説明します。
頭皮マッサージは効果なし!?
お金をかけずに実行できる頭皮マッサージですが、実際の効果はあるのでしょうか?
薄毛の種類とその対策
薄毛の種類によって、対策も違うことをご存知ですか?
ストレスとハゲが関係ないのか!?
ストレスによるハゲになる可能性について追求してみます。
ミノキシジル使用の際の注意事項
ミノキシジルも医薬品である以上、注意しなければいけない点があります。
生え際に悩む大学生への薄毛対策はコレ!
生え際に悩んでいる大学生に対する薄毛ハゲ対策を綴ります。
育毛に有効な栄養素はコレ!
育毛に有効な栄養素を知り、それを意識的に摂取するのは髪の毛にとってとても重要なことです。