MENU

プロペシアのジェネリックが発売!

最近の発表ですが、プロペシアのジェネリック医薬品が、ファイザーより発売されて話題になっています。

 

ジェネリックとは後発医薬品とも言われ、特許期間が過ぎて、他のメーカーが同じ有効成分で製造・販売する、同じ効き目の薬のことを指します。

 

プロペシアは、これまではMSDという会社の特許により1社寡占で製造・販売されてきましたが、特許期間が満了したために、ジェネリックの製造が可能になったのです。
これにより、2社競合による価格低下が期待できます。とりあえず、ファイザーから販売されているジェネリックはMSD社のプロペシアの7割程度の金額になっています。

 

ただし、これらの金額が直接私たち消費者に還元されるのか?については多少の疑問があります。

みんなジェネリックに切り替える?

第一に、プロペシアはお医者さんの処方箋が必要となりますが、処方箋を出すお医者さんがファイザーのジェネリックを処方してくれるかどうか?という疑問です。
特に、これまで、MSD社のプロペシアである程度の効果を出している患者さんに対して、成分は同じとは言うものの、別の薬を出すかどうかは疑問です。

 

これは、消費者側でも同じ心理が働きます。多少、金額が安くなるからと言って、現在、効果を出している薬を他の薬に代えるリスクを冒すかどうかとなると、「高くても現状のMSDの薬で..」という人の方が多いようかもしれません。

原価の通りに金額は下がる?

また、薬の原価は安くなるとしても、実際に消費者が支払う価格は、処方箋を出すお医者さんやクリニックが自由に設定できる訳ですから、原価同様に現状の金額の7割の金額に下げるかどうかは、お医者さん次第と言えます。

 

 

こうしたことから、最終的に数年後には、ジェネリック側の価格に落ち着くものとは思いますが、しばらくは2重価格の状態が続くものと思います。

 

また、薄毛対策の新薬が現在、厚労省に対して申請されており、来年以降ではありますが、承認されれば、新しい医薬品として販売され始めるようです。

 

色々な薬が発売され、ジェネリックの発売されていき、消費者の選択肢が増えていくことは喜ばしいことではありますが、
安全性が最優先であることは言うまでもありません。
医薬品に関しては、多少手順が煩わしいとしても、やはり、お医者さんの処方箋で使うべきですね。


関連ページ

キャピキシルは効果なし?
注目の成分キャピキシルの効果についてお伝えいたします。
ミノキシジルはもう古い?育毛剤で新たな成分が登場!
ミノキシジルの3倍の育毛効果があるとされているのが、キャピキシルです。しかも副作用が無いというのですから驚きです。
ミノキシジルとプロペシアの違い
男性型脱毛症の治療薬として現在厚生労働省に認められている「ミノキシジル」と「プロペシア」。違いはどこにあるのでしょうか?
ミノキシジルの副作用に要注意!
ミノキシジルはAGAに効果がある薬として使用されているわけですが、効果の高さゆえ副作用も色々とあると言われています。
AGA遺伝子検査で自分のAGAリスクを知ろう
早期発見と早期の治療開始がAGA予防と治療のカギです。そのためには薄毛症状が発生する前から自分がAGA予備軍であるかどうかを知っておくことが大切です。
育毛シャンプーで薄毛は解消できるの?
育毛商品はいろいろありますけど、シャンプーで育毛ができるんでしょうか?
薄毛サプリは効かない?!
薄毛のための医薬品やサプリメントがたくさんありますが、本当に効果が期待できるのでしょうか?
育毛剤の使い方には注意が必要!
育毛剤を安全に効果的に使うための注意点を説明します。
頭皮マッサージは効果なし!?
お金をかけずに実行できる頭皮マッサージですが、実際の効果はあるのでしょうか?
薄毛の種類とその対策
薄毛の種類によって、対策も違うことをご存知ですか?
ストレスとハゲが関係ないのか!?
ストレスによるハゲになる可能性について追求してみます。
ミノキシジル使用の際の注意事項
ミノキシジルも医薬品である以上、注意しなければいけない点があります。
生え際に悩む大学生への薄毛対策はコレ!
生え際に悩んでいる大学生に対する薄毛ハゲ対策を綴ります。
育毛に有効な栄養素はコレ!
育毛に有効な栄養素を知り、それを意識的に摂取するのは髪の毛にとってとても重要なことです。